総合的なコンサルティングで、三衛建築設計事務所は大規模修繕を丁寧にサポートします

  • バナー左01
  • バナー中央01
  • バナー左01
  • バナー中央01

メディアに紹介されました詳細

2016年4月1日ダイヤモンドMOOKメディア
住みたいマンションであり続けるための頼れるパートナー
建築設計の技術者集団が実現するマンションのバリューアップということで特集されました。続きはこちら
2015年7月1日積算資料メディア
マンション維持管理と再生
「積算資料ポケット版 マンション修繕編 2015/2016 共用部分修繕の工事単価」という内容で特集されました。続きはこちら
2015年6月25日月刊リフォームメディア
超高層マンションのストック対策と課題
「コテ塗り御影石で建物イメージを一新」という内容で特集されました。続きはこちら
2015年5月1日週刊文春メディア
超高層マンションのストック対策と課題
「マンションの将来像」を管理組合と共に考え、最善の資産価値向上を提案」というテーマで弊社代表が寄稿しました。続きはこちら
2014年10月1日ダイヤモンドMOOKメディア
マンションの資産価値アップに頼れるパートナー
「マンションの資産価値アップに頼れるパートナーとして弊社代表大沼が寄稿しました。続きはこちら
見積ボタン
資料ダウンロードボタン

三衛建築設計事務所について

三衛建築設計事務所は、1958年の法人設立から今日まで港区西新橋の地で建築の設計業務一筋に堅実な経営を続けてきました。
設立以来、主に新築の設計業務全般を幅広く行ってきましたが、1990年代に入り社会的な変化と時代の要請に合わせ、新築の設計から改修設計に係る業務へシフトしていきました。
従来から手掛けていたUR都市機構の業務に加え、分譲マンションの管理組合様からのご相談に応えるため平成11年に「マンション保全設計協会」を設立、その幹事会社としてマンションの改修設計に本格的に取り組み現在に至ります。
私たちは、改修設計業務を通じ今ある建物を有効に活用して長く使うため「修繕計画」に則した建物の維持管理を推奨しています。
そして、建物一棟ごとに適切な「修繕の処方箋」をご提案し丁寧にサポートいたします。

マンション管理組合の皆様へ

大規模修繕工事のコンサルタント業務では、居住者がいつまでも快適で安心して住み続けることのできるマンションとなるよう、経済性や耐久性などを考慮しながら、それぞれに適した改修設計仕様を提案しサポートしています。
また、建物維持の要である長期修繕計画については、管理組合様のニーズと建物の状況に合わせ、ライフサイクルコストを低減し経済的な「修繕計画」をご提案いたします。
これまでの大規模修繕工事のコンサルタントとしての経験から、専門知識の必要な実務支援や技術支援を総合的に行うことで管理組合様の特に修繕に関わる方々の負担を軽減しサポートいたします。
三衛建築設計事務所を公正中立な「管理組合様のパートナー」として、是非ともご指名いただきますようお願いいたします。

サイトのお知らせ infomation

オフィシャルブログ Official Blog

さらに見る