マンション大規模修繕のコンサルタント

弊社では、マンションの大規模修繕工事業務は工程表に従って進めていきます。

大規模修繕 コンサルタントの工程表
マンション修繕のコンサルティング業務内容は、次の通りです。
弊社では、各業務の項目に合わせて見積をしますので、実際に行う業務の内容に対する費用が明確です。

大規模修繕 コンサルタント業務の流れ

準備段階は修繕工事の基本方針を定める大切な段階です。長期修繕計画で修繕工事が予定されている時期の1年くらい前から準備に取りかかり、無理のないスケジュールを立て検討を進めることが必要です。  

A. 建物調査診断業務

調査診断は、大規模修繕工事を前提とした現状把握のための建物調査診断であり、改修設計及び仕様策定の基礎資料にするために実施することを目的とする。  

B. 改修設計業務

改修設計業務では、調査診断の結果に基づき、基本設計で各々の建物に最適な改修仕様を計画します。それと同時に設計事務所による積算数量で設計予算書を作成、管理組合の 実行予算との調整を図りながら実施設計を進めます。  

C. 施工業者選定業務

施工業者の選定においては、透明で公正な方法が求められます。そのため、施工業者を公募により募り1次、2次選定を経て、最終的にヒアリングで決定いたします。優良な施工業者であるか否かを技術力、会社の体制、経営状況、改修実績などを詳細に比較し検討して判定いたします。  

D. 工事監理業務

設計がどんなに良い仕様を計画しても、実際の工事が正しく施工されなければ意味がありません。工事監理では、管理組合に代わり施工者への技術的指導や工事のチェックを行います。  

E. 長期修繕計画業務

長期修繕計画については、既存の計画書の内容と管理組合のご要望により、対応が大きく異なります。三衛建築設計事務所では、多くの実績と独自のノウハウをもとに、分かり易い資料を作成し管理組合をサポートいたします。  

F. アフターサポート業務

現場作業で行う工事では、工事監理で十分チェックしても引渡後にトラブルが生じることもあります。そのために、施工者に対し保証に合わせてアフター点検を義務付け、保証期間が確実に履行されるよう問題をフォローします。