E.長期修繕計画業務

これまで長期修繕計画は、主に管理会社が独自の様式で作成していましたが、平成20年7月に国土交通省から標準的な様式を示す「長期修繕計画標準様式」と「長期修繕計画作成ガイドライン・コメント」が策定され、長期修繕計画の基本的な考え方が示されました。今後の長期修繕計画の見直しは、これを参考に計画期間や想定する工事項目、修繕周期などをチェックすることが求められています。
三衛建築設計事務所では、多くの実績と独自のノウハウをもとに、分かり易い資料を作成し管理組合をサポートいたします。

長期修繕計画については、既存の計画書の内容と管理組合のご要望により、対応が大きく異なります。
既存の長期修繕計画の見直しの場合でも、1と2だけの時や3まで含める時など様々なケースが考えられます。
新規フォーマットで作成する4・5については、委託業務の内容を確認し個別に見積もりをします。

1. 既存計画書の検討

既存計画書の内容について、想定している項目と金額の内容が適切か検討する。

2. 既存計画書の修正及び見直し提案

既存計画書のフォーマットをデータとして借用し、項目、金額、修繕周期、先送り工事の繰入等を行う。

3. 新規フォーマットによる既存計画書の修正

新規フォーマットにより、既存計画書を修正し、項目、金額、修繕周期など見直す。

4. 新規・追加修繕工事項目の積算

長期修繕計画書の修正・作成に伴い、新たな工事項目や追加すべき項目が発生し、現地の調査・積算が必要になった場合の費用を計上する。

5. 新規フォーマットによる新規計画書の作成

新規フォーマットにより、新たな長期修繕計画を作成する。

計画概要書・収支累計グラフ 修繕積立金と収支予想一覧・年度別修繕工事費 年度別修繕工事費・設備工事内訳