竣工図面をデータファイルへ

第2回目の大規模修繕工事を迎えるマンションの設計・監理業務が多くなっています。 竣工後24、5年経過すると建築だけでなく、設備についても検討する必要性があります。その際に気付くことですが、いまだに製本した竣工図を使用している管理組合があります。その状態たるや思いのほか保存が良いものから目も当てられないほどのバラバラとなった竣工図まで千差万別です。もし竣工図が製本のみであったら、図面が傷まぬうちに早めにPDFファイルなどにデーター化しておきましょう。 それから、経年と共に増える書類の整理に悩んでいる管理組合も多いようです。書類のインデックスを付け一覧を作成したり、スキャニングで図面と同様に電子ファイルとして保管することも将来のための記録として重要です。 (Web管理人)